初心者でも出来るスキージャンプの練習スポット

スキージャンプの練習ができる施設

スキージャンプとは

初心者がいきなりスキージャンプ台を使うととても危険です。 しっかりとフォームの練習をして、ジャンプ台に備えなければなりません。 ジャンプの練習スポットを探す前に身に付けておきたいことを紹介します。 ケガをしないように練習方法を知っておきましょう。...続きを読む

初心者向けのジャンプ施設

ジャンプの練習をしたくても施設がなければ本格的な練習を行えません。 ジャンプ台は従来のスキー場では冬季、もしくは無い可能性があるので専用の施設を紹介します。 年中利用できる施設なので、自分の都合に合わせて練習できます。 是非利用してみてください。...続きを読む

フリースタイルスキージャンプ

スキーのジャンプ競技はいくつか種類があります。 その中で、飛ぶだけでは無く、滑走とジャンプを組み合わせたフリースタイルスキージャンプを紹介します。 この競技はアクロバティックなジャンプしますが、専用の競技場が必要です。 スキージャンプ同様に専用施設がありますので利用しましょう。...続きを読む

おすすめリンク

日帰りスキーツアーの価格相場

日帰りスキーツアーはどれくらいの価格でいけるのか、一般的な価格の相場についてまとめたサイトです。

スキージャンプ初心者の練習法

スキージャンプとはスキー競技の一つであり、スタート地点の坂から加速して踏み切り台から飛び出し、飛んでいるフォームや飛距離、着地の美しさを競います。
スキージャンプは専用の競技設備があり、大会が開催される場所も限られているため、容易に練習できる競技ではありません。
初心者がテレビで見るようなジャンプを行うのはとても危険であり、実際の大会に出るには入念な練習が必要とされています。
スキージャンプはオリンピックの競技ともされており、選手の育成に力を入れています。
スキージャンプにおいて日本はトップレベルの技術を誇っており、スポンサーが付くほどの人気スポーツです。
この競技を行う選手たちを、ジャンパー、と呼びます。

スキージャンプの起源は1808年頃のノルウェーです。
オリンピックの競技として認定されたのは1924年〜で、積雪のある地域に限定されそうですが、雪がなくても摩擦係数をなくした芝のような面を使います。
大きな大会は国際スキー連盟主催のノルディックスキー世界選手権が2年に1度行われ、毎年スキージャンプの世界大会が開催されます。
正式なスキージャンプ種目は、ノーマルヒルとラージヒル、フライングヒルがあり、順に飛距離が伸び女子の場合はノーマルヒルの大会がほとんどです。
男子のワールドカップはラージヒルとフライングヒルが行われていますが、近年ではノーマルヒルは開催されていません。
個人競技に思われそうですが、国の対抗で団体戦も行われています。