スキージャンプの練習ができる施設

>

スキージャンプとは

スキージャンプの初心者

初心者がいきなり競技用のジャンプ台で練習を行なってはいけません。
スキーのジャンプ台は滑走してジャンプする様子は、落ちていく感覚、でプロでさえ恐怖を感じるそうです。
スキージャンプで怪我をしないためには、ある程度の恐怖がなければ慎重に取り組めないといいます。
変な自信があるとアクシデントの元になってしまうので、危険性を熟知した上で取り組みましょう。

初心者はジャンプ台に備えた練習から行いますので、屋外での練習よりフォームの練習が主です。
フォームがしっかりと身についていなければ事故につながりますので、基礎練習を繰り返し行います。
プロの選手でもフォームの練習は日常的に行なっていますので、重要な練習だといえます。

スキージャンプの練習

スキージャンプの初心者はフォームの練習をしっかりと行なってからジャンプ台に取り組みます。
しかし、いきなり巨大な競技用のジャンプ台に挑むのは無謀なので、小さなジャンプ台から徐々に慣らしていくことになります。
小さいジャンプ台だとあまり感じられないかもしれませんが、ジャンプ台が大きくなればなるほど風や天候の影響を受けやすく、恐怖感が増していきます。
大きなジャンプ台になると怖さを克服することも重要になりますので、メンタル面も鍛えなければなりません。

スキージャンプは天候の影響を受けやすい競技なので、危険を想定できるようにならなければなりません。
鍛えるだけの競技ではないので、練習と同時に知識もつけていくことになります。